本文にジャンプします
メニューにジャンプします

選挙権と被選挙権

選挙権と被選挙権
更新日2014年8月7日

選挙権

 選挙権は以下のすべてにあてはまる方に発生します。

  1. 日本国民
  2. 満20歳以上の方
  3. 引き続き3ヶ月以上住んでいること(地方公共団体の長および議員の選挙)

 

被選挙権

 被選挙権は、選挙の種類によって2つに分かれます。

  25歳以上 … 衆議院議員選挙、県議会議員選挙、市町村長選挙、市町村議会議員選挙

  30歳以上 … 参議院議員選挙、県知事選挙

 さらに、地方選挙に立候補する場合には、その選挙の選挙権を有することとされています。

 

選挙権及び被選挙権が停止される場合

 選挙権と被選挙権は、以下のような場合有することができません。

  • 成年被後見人 … 取消まで
  • 禁固以上の刑に処せられ、その執行が終わらない者 … 刑期満了または免除されるまで
  • 公職にある間に収賄により刑に処せられた者 … 実刑期間終了後5年間または執行猶予期間満了まで、ただし実刑に処された場合は、被選挙権のみさらに5年間停止されます