本文にジャンプします
メニューにジャンプします

関ケ原町維持管理個別施設計画(道路橋梁)

関ケ原町維持管理個別施設計画(道路橋梁)
更新日2017年7月24日

 関ケ原町の管理する橋梁の多くは今後、老朽化が進行していくため、従来の事後的な修繕及び架け替えから予防的な修繕及び計画的な架け替えへの転換を図る必要があります。加えて、平成26年3月に公布された「道路法の一部を改正する法律」及び「道路法施行規則の一部を改正する省令」により、2m以上のすべての橋梁に関し、5年毎の近接目視による点検が義務付けられています。関ケ原町の管理する橋梁85橋(平成29年度現在)についても、個別施設計画を策定し、点検計画に基づいて定期点検を実施しています。

 

 定期点検の結果、補修が必要な橋梁については、「橋梁長寿命化修繕計画」に基づき補修を計画する橋梁と合わせて修繕計画の随時見直しを行います。


PDFファイル 
関ケ原町維持管理個別施設計画(道路橋梁)