本文にジャンプします
メニューにジャンプします

関ケ原町過疎地域持続的発展計画について

関ケ原町過疎地域持続的発展計画について
更新日2021年12月21日

 令和3年4月1日に新たに「過疎地域の持続的発展の支援に関する特別措置法(令和3年法律第19号)」が施行され、過疎地域の要件が見直されたことにより、関ケ原町の全域が過疎地域に指定されました。

 町では、過疎地域からの自立に向け、持続可能な地域社会の形成及び地域資源を活用した地域活力向上のため、岐阜県過疎地域持続的発展方針に基づき、町議会の議決を経て、関ケ原町過疎地域持続的発展計画を策定しました。本計画では町総合計画を町の持続的発展のための指針として位置づけ、町の将来像である「笑顔あふれ 活気みなぎる 古戦場のまち せきがはら」の実現に向け、過疎地域対策に取り組んでいきます。

 

 このたび、関ケ原町過疎地域持続的発展計画について下記内容のとおり変更しましたのでお知らせいたします。

 

【変更内容】

・「5 交通施設の整備、交通手段の確保」の事業計画に「15m未満橋梁補修事業 平木川橋(大字野上地内)」を追加。

・「6 生活環境の整備」の事業計画で「玉地内下水道管布設替工事」を「下水道管更正工事等」に変更。

 

   

詳細は下記のファイルをご覧ください。

関ケ原町過疎地域持続的発展計画(PDF)

新旧対照表